カードローンでお金を借りたら、あとは返済が待っています。返済には色々な約束事があって、要するに決められた期日までに金利を上乗せして返さなければならないのです。それは決して簡単なこととは言えないでしょう。

だからこそカードローンの利用に際しては、返済の見通しが非常に重要なのです。もしも借りてもすぐ返せる確かな見通しがあるのなら、そんな借金は心配無用と言えます。しかし、逆に、借りても返す見通しがないのなら、そんな借金は最初からしてはいけません。

また、返済の見通しといっても、甘い見通しでは意味がありません。見通しが甘いと、カードローンの利用において正しい判断ができなくなってしまいます。すると、却って無謀な借り入れをしてしまう危険が増大してしまいます。ですから返済の見通しは甘くてはいけません。それどころか、少し辛いくらいで丁度良いと考えるべきです。

とにかく、カードローンで借り入れをするなら、事前に返済計画を立てておくべきです。そしてその計画も、無理のない余裕のある計画でなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です